カマキリがひっくり返ってしまった場合はどうすれば?

飼育

飼育しているカマキリが
虫カゴの中でひっくり返ってしまった場合などには
何かする必要はあるのかどうか、
命に影響はあるのかどうか、
この点について解説していきます。

カマキリがひっくり返ってしまった場合も
基本的には慌てる必要はありませんので、
冷静に、対応していきましょう。

基本的に自分で起き上がる

野生のカマキリは色々な場所で
落っこちたり、ひっくり返ったり、
そういった経験をしています。

が、ちゃんとしっかりと生き延びる個体は
生き延びて過ごしていますし、
”ただ単にひっくり返っただけで命を落とす”ようなことは
まずありません。

ひっくり返って命を落としたのであれば
それは別の要因によるものでしょう。

基本的に、カマキリは何らかの理由で
ひっくり返ったとしても、しばらく待っていれば
自分で起き上がり、また普通に行動を
開始しますので、この点に関しては
あまり過剰に心配する必要がない部分となります。

カマキリの命には影響ないの?

余程変な場所でひっくり返れば話は別ですが
(例えば針の上など)
虫カゴの中にそんな場所はないと思いますから、
基本的にカマキリが虫カゴの中で
ひっくり返ったとしても大きな影響はない、
ということになります。

この点は安心して頂いても大丈夫です。

万が一、カマキリが普通にひっくり返っただけで、
急に弱ってしまった、という場合に関しては
”ひっくり返ったから弱った”ということではなく、
”弱ってきたからひっくり返った”だとか、
偶然の一致だとか、そういった可能性の方が高いです。

普通にひっくり返ったぐらいで、カマキリが
命を落とす可能性は限りなく低いので、
この点は安心してください。

弱るとひっくり返ったりしやすくなる

飼育しているカマキリが弱ってくると、
ひっくり返ったりだとか、
そういったことも起きやすくなってきます。

と、いうのも、弱ってくると、
カマキリもどんどんバランスを崩していき、
例えばぶら下がっている最中に突然落下したりするようなことも
増えて行きます。

カマキリも個体によって弱り方は異なりますし、
最後を迎える日の直前まで
”それほど大きな変化は見受けられない”個体も
多いですが、
場合によっては、ぶら下がる力が弱まってしまったり、
そういった”目に見える変化が出て来る個体”もいるので
そういったカマキリの場合は
弱ってくれば弱ってくるほど、
ひっくり返ったりすることも増えるかと思います。

この場合は”ひっくり返ったから寿命が縮まっている”ということではなく、
”弱ってきているからひっくり返り返りやすくなっている”ということなので、
人間にできることは特に何もありません。

なるべく、最後まで穏やかに過ごせるように
見守ってあげることぐらいが限界ですね。

起こしてあげる必要はないの?

上でも書いた通り、カマキリがひっくり返ってしまっても
基本的にはすぐに自分で起き上がりますので、
飼い主側で起こしてあげたり、手伝ってあげたりする
必要は特にありません。

逆に、ひっくり返ってしまってカマキリ自身も
慌てているであろう時に、人間が手を出すことによって、
パニックになってしまったり、
カマキリ自体を傷つけてしまったり…ということに
繋がってしまう可能性も考えられます。

そういったこともあるので、
基本的に虫カゴの中でカマキリがひっくり返ったりしている時も
少し様子を見てみて、
すぐに手を出したりしないように注意してください。

多くの場合は先ほども書いたように、
比較的早い段階で、自分で起き上がってまた普通に
動き出すかと思います。

ただ、例外として
カマキリが弱ってきている場合、
ひっくり返ってしまっても、もはや自分で起き上がることが
できないようなことになってしまっているケースも
考えられます。

この場合に関しては人間が起こしてあげないと
なかなか自分では起き上がることができない場合もあるので、
そっと起こしてあげるのも一つの方法です。

普段は、いちいち人間が手を貸さなくても良いですし、
変に手を差し出すことで逆効果になってしまう可能性も
あるため、おすすめできませんが
弱ってきている場合に関しては
そうではないので、
この点は柔軟に対応してあげて下さい。

ただし、カマキリが弱っている場合でも
急に手を出したりすれば、カマキリが驚く可能性もありますし、
無警戒で手を差し出せば急に攻撃されたり、
思わぬ動きをカマキリがしたりする可能性は
十分にありますので、
そのあたりは十分に注意した上で対応を
行うようにしてください。

また、当然のことですが
弱っているカマキリに手を差し伸べて
起こしてあげる際にも
乱暴に扱ったり、
必要以上に力を込めたりしないようにしてください。

そのようなことをしてしまうと、
ただでさえ弱っているカマキリに対して
ダメージを与えてしまうことになりますからね…。

まとめ

カマキリがひっくり返ってしまった場合でも
通常の状態であれば、
カマキリは自分で起き上がって行動することが
できますので、飼い主が
カマキリに手を差し伸べたりする必要はありません。

親切のつもりでも、逆にカマキリをびっくりさせてしまうなどして
逆効果に繋がる可能性があります。

ただし、最後の方で書いたように
カマキリが弱っている場合に関しては
その限りではなく、
場合によっては自分で起き上がることすら、もうできない状態に
なっていることもあるので、
(私が飼育したカマキリのうちの1匹は最後の半月ぐらいは
そんな感じの状況でした)
状況を見定めつつ、手を貸してあげても良いとは思います。

タイトルとURLをコピーしました