カマキリはセミを食べるの?その答えとポイント!

基礎

カマキリは、セミを食べるのかどうか。

セミと言えば、
カマキリよりもサイズが大きいこともありますし、
あまり食べられてしまう、という
イメージはないかと思います。

が、実際のところはどうなのでしょうか。
カマキリがセミを食べるのかどうかと
そのポイントについて、それぞれ解説を
していきたいと思います。

カマキリは肉食の昆虫

まず最初に。
カマキリは肉食の昆虫です。
草食の昆虫ではないために
草を食べたりするのではなく
肉を食べます。
自然界における肉とは、他の昆虫たちに
なりますね。

バッタやコバエなども捕食しますし、
動いている獲物を、その鋭いカマで
捕獲して捕食します。

草の上に生息していたりすることも
多いですが、草自体は
カマキリたちにとってはエサにはならない、
ということになりますね。

では、セミを食べるの?

カマキリは肉食の昆虫になりますので、
当然セミのことも捕食して
食べる可能性はありますし、
実際にセミを食べている写真や
動画なども探せば見つかると思います
(なかなかにグロテスクなので、
苦手な人は絶対に見ないようにしてください)

セミ自体は主な獲物ではありませんが
カマキリは自分よりも大きい昆虫であっても
ある程度のものであれば捕獲して食べますし、
セミのことも食べる可能性は十分にあります。

そのため、
食べるか食べないか、で言われれば
「食べる」というのが答えになりますね。

幼虫でも成虫でも食べる?

捕食対象となるセミが
成虫であっても、幼虫であっても
カマキリの捕獲範囲内に入れば
そのカマで捕えられてしまって
捕食されてしまう可能性は十分にあります。

「幼虫でも成虫でも食べる」というのが
答えになりますね。

なかなかセミ自体が
カマキリの目の前を通過するような
機会は基本的には少ないとは思いますが
カマキリの前を通るようなことがあれば
セミが捕食されてしまう、ということになります。

ちなみに、カマキリ側が幼虫の場合は
流石にセミを食べることのできるほどの
サイズはありませんし、そこまでの力も
ありませんから、セミなどには手を出さずに
コバエだとか、そういった類のものを
捕食していくことになります。

当然、カマキリが成長するにつれて、
どんどん対象となるエサのサイズも
大きくなっていく、ということになりますね。

セミがカマキリを食べることは?

逆にセミの方が
カマキリを食べることはあるのでしょうか。
これは、答えとしては”ありません”

セミはカマキリとは違い、
肉食の昆虫ではなく、
基本的なエサとなるものは樹液になります。
そのため、セミ側がカマキリを
食べたりすることはありません。
カマキリに限らず、
セミは幼虫であっても、成虫であっても
基本的に他の昆虫を食べてしまったりだとか
そういったことはない、ということになります。

もしもカマキリにセミが狙われた場合
セミに出来ることとすれば
カマキリに捕まらないように
逃げる、ということだけに
なるのが事実です。

飼育上の注意点

カマキリがセミを食べることに関して
特に飼育する上での注意点は
ありませんが、
”同じ空間で飼育しないように”は
注意するようにしましょう。

カマキリとセミを同じ空間で飼育する!
なんてことはなかなかないことだとは
思うのですが、もしも同じ空間で
両方を飼育するようなことがあると、
当然のことながら、セミのほうが
カマキリにエサとして捕獲されてしまい
そのまま食べられてしまう可能性は
充分にあります。

そのようなことになってしまうと
気分も良くないと思いますから、
もしもカマキリとセミを同時に飼育するのであれば
必ず、カゴを分けるなど、”同じ空間”で
飼育しないように注意して下さい。
そうでないと、セミの方が食べられてしまいますから
注意が必要です。

セミを食べなくても生きてはいける?

カマキリはセミを食べなくても
生きていけるのかどうか。
これは、問題ありません。
別にセミだけがカマキリの餌ではありませんし
基本的には主なエサはセミではなく
もっと身近に捕獲しやすい昆虫類になりますから
セミを食べずに一生を終えるカマキリも
たくさんいることでしょう。

また、飼育環境下だと
なかなか生きている昆虫を
エサにあげる、ということは
難しいかと思います。
ですが、ちゃんと肉類をエサとして
あげていれば、セミに限らず
生きている昆虫をあげなくても
カマキリはしっかりと生きてくれます。

そのため、セミが必須かどうか、と
言われれば他の餌をちゃんと取ることが
できていれば、問題はない、
ということになりますね。

もしも捕食を見かけたら…?

そういう場面に遭遇することは
ほとんどないとは思いますが
「カマキリがセミを捕食している」ような場面に
たまたま出くわしてしまう可能性も
可能性としては0ではありません。
そうなってしまうと、
捕食されているセミを助けてあげたい、
と思う人もいるかもしれませんが、
自然界ではそういったことは
日常茶飯事的に起きていることですし、
家に侵入してきた害虫を駆除するのとは
また訳が違います。

自然のそういった流れにいちいち
介入するのも、きりがないですし
あまり良い事ではありませんから
セミが可哀想!だと思ったとしても、
見なかったことにして
スルーするしかありません。

もっとも、セミだけを無傷で
助け出すことはほぼ不可能ですし
助けても既に食べられていて
セミが助からないことも
充分に考えられます。
変に介入してカマキリに攻撃される
可能性もありますから、
人間としては、関わるべきではないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました