カマキリに餌を与える時間帯は決めたほうがいいの?

飼育

カマキリに餌を与える時間帯は
決めたほうが良いのかどうか。

悩む人もいるかと思います。

人間も、
大体、食事の時間が決まっている人も多いですよね。

では、カマキリはどうでしょうか。

飼育する際には、
時間をきっちり決めてエサを
与えたほうが良いのかどうかを、解説します。

3食与える必要はない

まず、大前提として、
カマキリには餌を3食与える必要はありません。
むしろ、毎日3回も餌を与えていた場合
「食べ過ぎ」になってしまい、
逆にカマキリの健康を損なう可能性すら
ありますので、その点はしっかりと
注意をするようにし、
くれぐれも、”餌のあげすぎ”になってしまわないように
注意する必要があります。

人間とカマキリは違います。
朝食・昼食・夕食と3食与える必要はありません。
1日に1回、与えていれば十分です。
むしろ、与えすぎると、本当にカマキリの
寿命を縮めることにもつながりかねませんから、
その点は、注意をするようにして下さい。

時間帯は決めたほうがいいの?

絶対にこの時間!と決める必要は
ありませんが、エサを上げる大体の時間帯は
決めておいた方が、
飼い主側からしてみれば
エサをあげることを忘れずに済むと思いますし、
カマキリの健康的にも、より良いのではないでしょうか。

例えば、毎日晩御飯後にカマキリに餌を上げる、
と、決めておけば、
最初のうちはともかく、しばらくそれを続けていると
飼い主側にとっては”習慣”になってくると思います。

一度、習慣になってくれば、
晩御飯を食べ終えた直後に、”いつものように”
思い出すようになると思いますから、
時間帯を決めておくことは
”カマキリに餌を上げ忘れた”という状況を
防ぐことにもつながります。

さすがに何日間も何日間も餌を
与えることを忘れてしまった!なんてことは
ないとは思いますが
万が一、そういうことをしてしまうと、
飼育されているカマキリは、自力で餌を
捕食しに行くことができないですから、
そのまま命を落としてしまうことになります。

また、カマキリ側が
どう感じるかは、カマキリにしか分かりませんし
人間のように規則正しい生活が
プラスになるのかどうかも、
これは、人間からしてみれば分からないことですので、
カマキリにとって”いつも決まった時間に餌”というのは
良いことなのかどうかは分かりませんが、
少なくとも、色々な時間にごちゃごちゃ
与えられるよりかは、悪くはないとは思います。

少なくとも”決められた時間に餌”ということ自体が
マイナスに働いたりする可能性は
低いですからね。

同じ時間に与えられなくても大丈夫?

決められた時間に餌を与えたほうが
上で書いたような理由から、”良い”とは
思いますが、絶対にそうしなくてはいけない、
ということではありません。
仕事の都合だったり、
日常生活のスタイルだったり、
色々な事情から、どうしても
”同じ時間帯に餌を上げる”ということが
難しい、という人もいると思いますからね…

ですが、同じ時間に餌を与えることができない、
という場合は、そこまで過剰に心配しなくても
大丈夫です。

「与えるのを忘れないようにする」ということと、
「逆に与えすぎないようにする」ということを
しっかりとちゃんと守っていれば
特別、問題になるようなことは、ありません。

1日~2日に1回程度、
しっかりと餌を与えるようにしましょう。

ただ、時間がバラバラだったりすると
自分の中で、エサを与えたかどうか
忘れてしまったり、ということは
十分に考えられることですから
しっかりと「今日エサを与えたかどうか」と
いうことは、ちゃんと覚えておくようにしましょう!

エサの与え忘れや、
エサの与えすぎには注意!ということですね!

水は定期的に…

カマキリが生きていくためには、
エサだけではなく、水も欠かせません。
水は定期的にしっかりとカマキリに
与えるようにし、
絶対に忘れないようにして下さい。

飼育場所に水飲み場などを設置していた場合も、です。

カマキリは確実に自分から水を飲みに行ってくれるとは
限りませんので、人間の手で直接スプーンなどで
水を与えるか、あるいは虫かごに霧吹きなどで
水を吹きかけるかしてあげることが重要です。

水を与える時間ですが、
1日1回、でもまぁ…大丈夫ではあるのですが
できれば1日複数回、霧吹きなどで
軽く与えてあげると良いと思います。

時間帯に関してはやはり、
自分が忘れないように、という意味合いから
言えば、ある程度統一されていた方が
良いようには感じますが、
それが難しい場合は、固定でなくても
大丈夫ではあるので、
とにかく、水は与えるようにしましょう。

時間帯が完全に決まっていなくても、
特にカマキリ自体の命に関わるようなことは
ないとは思いますが、
自分なりに覚えやすくなったりすると思うので
もし可能なのであれば、
ある程度時間帯を統一できると
より良いかもしれませんね。

一番大事なのは”忘れない”こと

一番大事なのは、とにかく”忘れないようにすること”です。

飼育されているカマキリは
基本的に閉じ込められているわけですから
野生のカマキリが本来行う「狩り」をすることは
できません。
そのため、人間がエサをあげない限り、
エサの補給が困難になってしまう!ということです。

エサや水やりを忘れてしまうと
カマキリの命にも係わることになってしまいますから、
飼育する場合は、
しっかりと「餌」「水」
この2つは忘れないように、していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました